• 思い立って・・・

かねてより、思っていた・・・

都電 荒川線に乗ってみたい。

昨日、思い立って乗ってきました。

三ノ輪橋駅〜早稲田までの全線。

途中、事故があって足止めされたり・・・

でもまぁ、急ぐ旅ではないんでのんびり待ってましたけどね。

途中、王子駅〜飛鳥山駅間は、文字通り路面走行があり嬉しさアップでしたよ。

乗って見た感想は・・・

まぁ、当然のことでしょうけど、バスと一緒ですな。

電車と言えども、交差点の赤信号では止まりますしね。(笑)

運賃は、¥170均一でした。

ICカードを使えば、¥165ですけど。

発車するときに、チンチンって言うのが嬉しかったり。(笑)

それはそれは満足な乗車体験でした。

子供の頃は、都内を隈なく走っていたんですけどね・・・

さて、腹も減った事だし、昼飯でも・・・と歩いていると・・・

かつ丼¥390の登り旗を横目でみながら、一旦は通り過ぎたんですけど戻って入店。

たしか・・・「萬ち亭」って言ったかな・・・

いらっしゃいませ!の声の主に・・・あなたはどこの国の方ですか!?

お見受けするに・・・インドの方ですか?それとも・・・

てな、外国人店員に迎え入れられて、しかもかつ丼。(笑)

味は、何も問題なく、値段に見合うかつ丼でした。

 

夜は、また例のダメなバンドのライブに出かけて、先日挙式を済ませた、ボーカル君の娘夫婦と同席になり、ヘロヘロに酔っ払い

帰ってきて、そのまま布団に倒れこみ目が覚めたところでこれを書いてます。

実に濃い一日でしたな。(笑)

今日は、クリスマスイブ。

皆さんは、どんな夜を過ごすんでしょうか・・・

 

今日の1曲ですが・・・

毎度、決まり切ったクリスマスソングばっかりだったので、ちと趣向を変えて・・・

 

Silly Love Songs/PAUL McCARTNEY なんてどうでしょう!?

クリスマスにも似合ってると思うんですけどね・・・

 

YOU TUBEからはやっぱりポールの曲で

No More Lonely Nights/PAUL McCRTNEY

 

実にたまらん2曲ですな。

 

 

 

 

  • 紅葉を求めて・・・

茨城県は‘花園渓谷’〜‘猿ヶ城渓谷’へ行ってきた。

高速を使うと、それほど時間がかからず行ける距離なんですな。

我が家を出発して2時間足らずでこんな景色に出会えます。

道々、素敵な景色に出会うたびにクルマを停めてパチリ。

やがて花園神社に到着。

この先に待ち受けるであろう苦難の無事を祈ってお参りしましたよ。

この先に‘七ツ滝’が有るというので行ってみる事に・・・

こんな景色を楽しみながら・・・

こんな道をひたすら歩く。

30分くらいで到着するはずでしたが、なかなか着かない。

求めていた紅葉を楽しめてはいるんですけど・・・着かない。

まさか道を間違えたか!?

でも1本道のはずだから・・・と先を進んだ頃・・・

ここに書かれてる100mはハナから信用してませんけど・・・(笑)

ここまで山を登ってきたわけです。

っでこの木道の先に段々のあるキツい登りが待ってたんですな。

ハァハァ言いながら登って着いたのが‘七ツ滝’。

見た感じですが七段で落ちてるから七ツ滝かな・・・と。

もう少し水量が多ければ大迫力かと・・・チト残念。

来た道を戻り、一路‘猿ヶ城渓谷’を目指して・・・

こんな景色を楽しみながら、すると猿ヶ城林道入口の看板が出てきた。

迷わずハンドルを切り進んで行くと・・・

これは対向車が来たら厄介だな。と感じる道幅。

まず、すれ違いは無理。

所々、退避地があるんだけど曲がりくねった道の為、対向車に気づくのは出会い頭。

どちらかが退避地まで下がらないとならない。

まぁ、こういう道は慣れてるんで何とか出来るんですけどね。

やがての看板が出てきた。

何とかクルマを止めるスペースを見つけ降りてみた。

  ‘千猿の滝’ですな。

落ち武者が集まってきた猿に助けられた。という伝説の滝だそうで・・・

猿を見かける事は有りませんでしたけどね。

最後に‘ふるさと林道 川辺折篭線’の入り口で・・・

この一枚を撮り今回の旅は終わりです。

 

しかしまぁ・・・今回も良く歩いた。(笑)

 

今夜の1曲。

Spiral Squall/Keyco でどうぞ!

ノリが良くって、聴いていて身体が動きますな。

 

YOU TUBEからは・・・

Baby Come Close To Me/多和田えみ でどうぞ!

 

何でしょうねぇ!?このしっとり感は・・・実にたまらん。

大好きな1曲ですな。

 

そうそう・・・

千猿の滝ですけど、動画を撮って来ました。

良かったらご覧くださいな。

  • ここ最近の動向・・・

先月の事・・・

栃木県は都賀周辺の道の駅巡りをしてきたわけだが・・・

足を延ばして、塩原まで走って回顧(みかえり)の滝へ行ってきた。

湖の向こうには、もみじ谷の大吊橋が見えた。

時期的に、紅葉には少し早かったが次回は、紅葉の頃に再び訪れたいと思いましたな。

そして今月には、何度も訪れている群馬県。

しかも、母の実家がある街。

そう、あの‘釜めし’で有名なあの駅ですな。

昔は、特急も急行も停車したんですけど・・・

それと言うのも、名高き碓氷峠を越えるため。

古くは、アプト式やら、スイッチバックやらの技術を駆使して越えた峠ですな。

電化されてからは、特急や急行列車の前後に電気機関車で挟み、越えて言ったんですな。

やがて、新幹線が開通すると、その役目を終えたかのようにこの駅が終点となり、峠を越えることはなくなりました。

時代は流れ、かつて列車が走っていた線路上を遊歩道に替え、アプトの道となりました。


レンガ作りの建物は、変電所跡だそうで周辺には、もみじが綺麗に色づいておりました。

夜にはライトアップされるようで、トロッコ列車が走りその模様を楽しめるようです。

いやぁ、しかし良く歩いた。

メガネ橋までは、7Kmほどあるようで、先をあきらめメガネ橋で折り返して来ました。

って言うのも、到着が午後になってしまったのでメガネ橋に到着したころは、日は山の端にかかり暮れようとする時間になってしまいましたよ。

戻りながら、道々撮った景色です。

‘晩秋の夕暮れ’ってとこですかね。

思い立つのは悪い事ではないんでしょうけど・・・

そのまま出かけてしまうのは何ともねぇ・・・

もう少し考えればね。

早い時間に着くように出かければ、アプトの道ももう少し堪能できたでしょうし、トロッコ列車にも乗れたでしょうし・・・

碓氷湖の駐車場にクルマをとめて散策の後、そのままメガネ橋まで・・・っていう事も出来たでしょうし。

いつも通り、出たとこ勝負には負け続け。(笑)

暦では、立冬を過ぎて初冬って事になるんですかね・・・

それにしては、暖かい日が多い今日この頃ですがね。

こちらではようやく木々が色づき始めたところです。

まだ緑が多いようですけど・・・

 

これから西風が強くなり、首筋から冬がやってくるんでしょうね・・・

あ〜〜、やだやだ・・・(笑)

 

今夜の1曲。

冬になると、聴きたくなる1曲ですな。

 

 Merry-Go-Round/The Crusaders

冬に似合うと思いませんか!?

 

YOU TUBEからは・・・

これまた冬になると聴きたくなる1曲。

 

Bossa Baroque/Dave Grusin

 

両曲とも実にたまらん。

 

  • 最近、良い曲に出会えてる・・・

普段、何気なくまた、だらしない毎日を送ってるわけですが・・・(笑)

そんな毎日の中でも、良い曲に出会えてる事が嬉しい今日この頃です。

先日の事、連休と言う事もあり撮りためたDVDを見ていたんですが、‘6月燈の三姉妹’を見ていて・・・

中々、良い映画でしたが、エンディングに流れた曲が耳に留まったんですな。

エンドロールには ‘月奏/石原有輝香’ となっておりました。

残念ながら、アーティストについて何の情報も持っておりません。

音ネタもDVDから、録音したものです。

しかし実に良い曲だなぁ、と思いましたよ。

 

月奏/石原有輝香

 

YOU TUBEからは、以前取りあげた曲で・・・

やはり映画‘深夜食堂’のサントラからですな。

 

想い想われ/福原希己江

 

これも以前書きましたが・・・

多部未華子って・・・

かわいいなぁ・・・(笑)

 

そうそう、来月には‘続深夜食堂’が公開されるそうです。

今から楽しみにしてます。

  • エリック・カルメンとラフマニノフ・・・

いや〜〜、気がつかなんだ・・・

 

イヤ先週のこと・・・

昔、放送されてた‘日曜洋画劇場’のエンディングってラフマニノフのピアノ協奏曲の2番だったかなぁ・・・

と、YOU TUBEで聴きながら確認してたところ・・・

結局は違ったんですけど、そのまま‘ながら聴き’をしてたところ、曲は第2楽章に・・・

曲が進み、あるフレーズが流れたところで、うん?と思い、曲をすこし戻して聴きなおしたところ、このフレーズってエリック・カルメンの‘All By Myself’じゃないか!?って・・・

調べてみるとラフマニノフを基に書かれた曲だとの事。

何を今更なんですけどね。驚きました。(笑)

 

では、こんやはそんな2曲をお聴きくださいな。

 

All By Myself/Eric Carmen

をどうぞ!

 

YOU TUBEからは、もちろん・・・

ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲第2番 

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮による ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

でどうぞ。

件のフレーズは13‘37”辺りから・・・

まぁ第2楽章は冒頭から匂いがぷんぷんしてますけどね・・・(笑)

CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
Lipstick/Nulbarich
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINK
PROFILE
SEARCH
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM
OTHERS
SPONSORED LINKS